Kinsei/Web-Log

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第六回ハモネプリーグ決勝とか(ネタバレほとんど無

見てきましたよ、収録
ベンチシートに6時間、ムチャクチャ疲れました。

ネプチューン(というかプロの芸人)ってスゴイですね
流れを前もって考えてはいるんだろうけどもよくぞあんな面白いことをバンバン言えるもんだ
そしてテレビ番組作るのってとても大変なんだな、と感じました。
あとDAIGOってかなり面白い

そういやネタバレに関して口止めとかされなかったな
今回レベルはかなり高かったです
優勝バンドの決勝曲は圧巻でした
ウチのサークルからのバンドも含め、大学サークルからのバンドは
どこもかなり上手かったし、
高校生とかのいわゆる青春系バンドも勢いがあって良かったです
反面、プロダクションとか芸能スクールから来てたバンドはなんか
一般人臭がしなくて歌も微妙でなんだかなぁって感じでした。

あと審査委員特別枠とかいうのが無くなったのが非常に良かった
RAG FAIRの新曲が聴けたのも良かった


あと8/14に渋谷のDUOでやったライブ「アカペラサマーフェス2008」にも行ってきました
Rocapellaといい最近金使い過ぎだな自分
リストラーズは競演相手が豪華すぎるのに、印象から消えることなく良かったです。あずさ二号が良かった。
エクセレントファシノは想像以上だった。衝撃を受けました。
そしてなによりTRY-TONEは圧巻だった
格の違いを見せつけられた感じがします。
スポンサーサイト

Rockapella Live in Tokyo

なるほど、格が違うとはまさにこのことね。
一曲目でいきなり感動のあまり泣きそうになってしまった。

特にBassとPercussionの2人、
音響(場所的にも、機材的にも、スタッフ的にも)が神だったということがあるにしても
あれは人間の出してる音とはとても思えない。
PercussionのJeffさんは喉に小型マイクを貼付けて大部分の低音を拾って
口元のbate57を動かして音色を制御してるっぽかった
腰になんか機械がついててそれを(歌ってる途中でも)いじって音色調整してたっぽい

あとMCほぼ日本語なのはビックリだった。
(もちろん怪しいガイジン日本語だったけど

心残りはもうちょっと曲を予習して行くべきだったかな
1stStageは新曲中心だったっぽい
TonightとStand by meとup on the roofとPapa was rolling(ryしか知ってる曲が無かった

2stはWhere is world in (ryとかDancing on the streetとかやったらしい
しまった、こっちに行けば良かったか

CD全然売ってないよね・・・

来年も来るみたいな噂です
今度は2幕見るぞ!

今日はいよいよ!

いやー今日の朝バイトは大変だった。
今日は板橋戸田花火大会で
唯一近所でやる大きい花火大会なのです。

朝はそんな混まないと思ってたんだけど
どうやら場所取りの方々のようですね

なんか街全体が浮かれている雰囲気ですが
そんなの関ke(ry

今日は!

東京ミッドタウン、ビルボード東京で

RockapellaですよRockapella!!!

テスト期間中なのに・・・・・

英語MCわかるかなー
やっぱBassはバケモノなのかなー
知ってる曲やってくれるかなー

超楽しみです。

Paging Navigation

Navigations, etc.

  1. 無料レンタル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。