Kinsei/Web-Log

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初箱ライブを終えてその4-鍵盤が欲しいけど・・・

本当にライブというのは自分を成長させるなと感じる今日このごろです
あれから考えたり感じたことがまだ吐き出せてないくらいだもの

さてまぁ鍵盤を買おうかと決心したわけですけども、
鍵盤楽器を選ぶとき、他のギターとかと異なる点は
性能面と重量のトレードオフの関係を、どこかで妥協しなければいけないことです。

僕はいわゆる小学生からピアノを習って~な人間なので、
一番弾きやすいピアノは自分の家の電子ピアノ、
生ピアノならYAMAHAのグランドです。(アップライトはそこまで好きではない)

とはいっても車を持っていない大学院生にしてみれば、自前の電子ピアノを持ち歩くのは不可能、
また、グランドピアノのあるスタジオやライブハウスもそこまで多くはないでしょう

そこで、いわゆるキーボードをチョイスするわけですが
まず鍵盤数についてもいろいろあって
・88鍵盤=長さが1.2m、重量15kgを超えてしまい持ち運びはほぼ不可能
・73鍵盤=自分的にはベストな鍵盤数だが、絶対的な製品数が少なすぎる!
・61鍵盤=沢山の製品があるものの、少しだけ鍵盤が足りない。大きさはこのくらいがいい
・49鍵盤=メインで使うには鍵盤が少なすぎる。
さらにキーボードの種類として
・電子ピアノ=88鍵盤であることが多い、大きく重い。音づくりが難しい。
・シンセサイザー=61鍵盤であることが多い、音づくりが容易。鍵盤の質に難があることが多い
・MIDIコントローラ=音源を別に調達しなければならない。鍵盤の質に難があることが多い

等等あり、結局自分としては以下のものを探すことにしました。
・鍵盤数は61以上
・MIDIコンorシンセサイザ
・机に置いてMacの画面を見ながらいろいろしたいので、奥行き30cm以下
・重さ7Kg以下(フル装備重量が12kg程度になると予想)
その上で鍵盤の質等が検討できればなと思っています

さらに続くかも
スポンサーサイト

初箱ライブを終えてその3-とりあえずシンセが欲しい

まだまだ語るよー

今回自分にとって何より驚きだったのが緊張ほぼゼロだったこと
前日とか当日午前中はややテンション上がりましたが、
リハ後はもう全く平常心でした。
サークルライブオーディションのほうが一億倍くらい緊張したかな
一応金とってるライブなのに。多少は良くないとは思いますが
ステージ上を我が家と思えるのがプロへの第一歩だとBabyBooの人も言ってたし
自分プロ志向ではないけども、この点は成長したかなぁと思いました。


さてライブでひとつだけ心残りだったのが楽器本体です。
実は今までのスタジオ練習等では、鍵盤はすべてスタジオのものをレンタルってやってました。
音源はMacのMainStageというソフトで作ってレンタル鍵盤からMIDI信号を吐いてMacにinput、
MainStageからオーディオI/FにoutputしてPAに接続していました。
この方法の利点としては
・鍵盤を持ち運ばなくていい(MacBook+オーディオI/Fだけでおk)
難点は
・鍵盤が毎回違うので弾き味が異なる
・MIDI送信以外の一部の仕様が異なることがある

自分の家ではPanasonic製のふっるい電ピとYAMAHAの49鍵MIDIコントローラを使っているのですが
これらと今回ライブ会場で借りたカシオの電ピではペダルの信号が逆だったのDeath!
つまり音を切りたいときは踏んで、延ばしたいときは離すという非常に脳みそがこんがらがる動作を
しなければならなくなり、ペダルを多用する曲は今回ヘボヘボヘボでした。
さらにカシオの電ピは自前の2つのキーボードに比べ圧倒的に鍵盤が重く、
早いフレーズはほとんど弾けてませんでした。

これは今後ライブ活動をやっていくうえで、かなり危険だと判断しました。

というわけでライブ、スタジオ持ち込み用の鍵盤が欲しい、と思うようになったのですが
またまた難しいんだうん・・・・・・・(つづく

初箱ライブを終えてその2+サークルの新人ライブ

自分の箱ライブの前日はサークルの新人ライブでした。
見に行ったわけですが・・・・もう2-3人しか顔と名前が一致しなかった、悲しい
しかしあまりサークルに顔出すのもウザイ先輩化するしなー(もうしてるって!?

なんていうか、新人ライブは非常に良いですね
というのは、もちろん実力的にはまだまだなバンドが多いのだけども
どのバンドも全力なのね。やりきるorやりきろうとする気概がビンビンに見えるのです。
そーゆーのは、見てるこっちも元気が出てきます。
アカペラの、特に上位のバンドは「どうだ俺ら上手いだろうヘヘン」という内心が
見え隠れするところが非常に多い。あーゆーのはちょっとなぁ
特に某サークル

1stのトリの怖いTシャツのバンド、春に比べ信じられないくらい上達してて
とってもとっても良かったです。ステージパフォもgoodでした。

最大の難点はメンバー紹介がテンプレ化しすぎてることかなぁ
あれを全バンドやられると非常にダルい(工夫してるところももちろんあったけど


一方ワシのライブの話。
外ライブということで、内輪のライブとの最大の違いは、
外の人が見てくれるということですね(何あたりまえのことを
つまり、僕に対する先入観が全く無い、そんな新鮮な状態のお客さんの脳みそに
何かのインパクトを与えることができたときの快感はもう最高でした。
某アニメの某兄者のセリフにこれは麻薬みたいなものだとか出てきましたが
まさにその通りだと思います。

そして見ず知らずの人に話しかけられてマイミクしてくれ言われたり、
知らん人のmixi日記に"良かった"みたく書かれていたり
出演者の方々と仲良くなってみたり

ここまでライブの後で"世界"が広がるとは思ってませんでした。
感無量です。


アカペラでは自分では成功したとは言えない経歴で、正直いろいろ不本意なものもありました。
しかし今回の自分の箱ライブの成功に関して言えば
・サークル現役時代の経験(歌、コーラス編曲、ステージング、MC)
・自分がリーダーだったNEXTの運営
・少しだけ出さして頂いた営業(特にスーパーアリーナのアレ
・適当に通っていたピアノ教室(先生・・・ゴメンナサイ
・新人ライブ後少しだけ出たサークルライブ(O君ありがとう!
・何より2006年新人ライブの大失敗の後のどん底からそこそこのところまで這い上がったこと
これら全てが集約されて完結したものでした。
今思うとムダではなかったことがしみじみと、ほろ苦い思い出と共に理解されるのであります。

というわけでmixi日記を戻しました。せっかく広がった"世界"を少しでも維持したいのが理由です。
本ブログのうちのコピペですがね・・・・・・・・・・

僕と一緒に音楽をしてくれたすべての人に感謝します。
本当にありがとうございました。




さぁ次の一手はどうしようかな!!!?
むつめ祭・・・・・?

金星、初箱ライブを終えて

初ライブを終えて、今帰ってきました
楽器バンドのライブハウスの音はでかいですね。
耳がまだジンジンしてます

感想
・実はリハのとき、「ライブハウスでライブをやれること」が感慨深くなって泣きそうだった。
・本番演奏は全然ダメだった。ペダルが予想外の動作をしてしまったためヘボかった
・Butter-Flyのコーラスはまぁ良かったかもしれないが、それ以外の僕の歌はもう死ねばいいのに
・MCは上手く煽れたと思う。
・他のバンドさんは演奏力は予想通りの上手さであったが、
   何よりお客さんを巻き込もうという気概がすごくあったし、実際上手くいっていた。
   アカペラの人はあまりそーゆーの無いなと思った。
・対バンの人は初めは話しづらかったけど、後にした簡単な打ち上げで仲良くなれて良かった。
・ほぼ打ち合わせ無し、超簡単な照明案で照明を作る照明さんがすごすぎる。

何より僕のパフォーマンス(歌?演奏?MCかな・・)が良かったということで
演奏後に声をかけて下さった方が複数いらっしゃいまして、また見たいとまで仰って頂きました。
本当に感動です。泣きそうです。
mixi-idとかがわからなかったので、「kinsei アカペラ」で検索すればこのBlog出てくるとお伝えしたのですが
果たして無事この文章を読んでいただけていますでしょうか
もし読んで頂けていましたら、右側のプロフ欄を便りにmixi、twitter等でも接触を試みて下さい。

ところである女の子二人組に「高校の先輩に超似てる」と凝視されてました。
サークル内で「木星さん」と呼ばれている僕のそっくりさん(と自分は思わないが)とは
軽く聞いてみたのですが、どうやら違うようです。
確かドッペルゲンガーって三人だったっけ?

金星、初箱ライブのお知らせ

アカペラじゃないですけどw

自分、今年の春くらいから学外でオタク系曲を中心にやる楽器バンドを組んでおりまして
そのバンドが今度ライブをやることになったので
もし興味とお時間があれば見に来て頂きたいのですよ!!

以下詳細
10/17(日)目黒ライヴ・ステーション
●「アニめぐろ 2010 Vol.17」
●出演
・「db(デジベル)」(雑食系アニソン・バンド)
・「Rodeo Drive」(GRANRODEOトリビュート・バンド)
・「Fouls Dead Monster」(ガルデモ・トリビュート・バンド)
・「乙ぅん\(^q^)/(おつうん)」(平野 綾トリビュート・バンド)
・ 「Noble Rose」(ドラゴンクエスト・トリビュート・バンド)
●OPEN/START
17:00/17:30
●料金
前売¥2,000/当日¥2,500(ドリンク代¥500別)

自分はdbというバンドで鍵盤を弾いております。たまに歌ったりしてるらしいです。
ってか今気づいたが他のバンドはちゃんとコンセプトがあるバンドなのにウチだけ・・・・・

サークルの方は新人ライブの翌日ということでアレですが、もしこれ系の音楽に興味があって
かつ時間のある方はぜひ見に来て頂きたいのです。
チケット代のほうは多少勉強させて頂きますので、(CHOCOLETZの人は無料にしちゃいます、遠いしね)
興味がある方は僕の携帯(PHS)のアドレス(【略】@dj.pdx.ne.jp)か
mixiメッセージのほうに連絡を下さい
正直演奏クオリティはまだまだですが、メンバー一同頑張りますので
暖かいご支援のほどをよろしくお願いします。

Paging Navigation

Navigations, etc.

  1. 無料レンタル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。