Kinsei/Web-Log

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍵盤購入計画その1

半分自分用メモですが

前回のライブを経て、本番と違う鍵盤で練習するのはイクナイと思い立ち
鍵盤を購入しようと決意したわけですが・・・・


なんだかんだで以下の二種類に絞りました!
1.KORG X50-61フルサイズ鍵盤シンセサイザ
975*257*80,4.3kg
利点;安い(4万以下)、鍵盤がフルサイズ、ペダル端子がたくさんある
欠点;鍵盤タッチがいまいち、でかくて重い、入手が困難

2.KORG micro station-61ミニ鍵盤ワークステーション
778*210*82,2.6kg
利点;鍵盤タッチがかなりいい、小さくて軽い(机にも置きやすい)、入手容易
欠点;ミニ鍵盤である、高い(6万以下)、余分な機能がついてくる

自分は音作りはMacのMainstageというソフトでするのでシンセ音はあまり重要でないのですが
2万以下のMIDIコン(音源ナシキーボード)はタッチがnoGoodで、いいのは4-6万するために
そんだったらシンセ付きのやつを買ったほうがいいんじゃね?と思い選択しました。
KORGはローランドに比べ、パソコンとの親和性が良さそうなのでKORGにしました。

二つとも該当機種でないけども、同一鍵盤を採用したやつを触って来たのですが
新しいミニ鍵はかなり良かったです。Xシリーズの鍵盤は、クズなMIDIコンよりはマシでしたが
長時間弾いていると疲れそうです。
もちろんフルサイズ鍵盤のほうが、余計なクセがつかなくて良いだろうけども
ライブや練習にあたって+MacBookも持ち歩かなてはいけない自分にとっては小ささ軽さはとても大事
音色切替のためにペダルが沢山あったほうがいいけど別にmicrokontrolでもできなかないし・・・・

PS60はけっこうデカいので除外、高いし

問題は、いつ買えるかだ・・・・・・

スポンサーサイト

初箱ライブを終えてその5-映像を見て

実はウチのバンドでは先週末ライブの打ち上げ飲みを行いまして、
ライブ映像ダビングDVDが配布、今見たわけですが・・・・・


自分ウザス!
演奏はペダルが逆だった割には上出来だったと思う。実力の72%は出せてる。
が、動きがキモイですね。
アカペラやってたときはたいていベースで端っこだったのでそうでもなかったけど
中心付近だと目立つ目立つ

あれだな、明らかに軸がぶれているな
生き方とかもそうですな
次曲はオーケンなフラグが立ちそうですが

歌唱力はまだまだですな。標準A(440Hz)以上の音域を
アカペラ時代にほとんど使ってないのが敗因ですなこれは
修行せねば

というわけでけっこう反省しているKinseiでした。

-----自分的評価な俺評価------
#1 けっこう弾けてる
#2 合格点、歌良くない
#3 ペダル問題のわりに頑張った、下見過ぎ
#4 ダメ、譜面で攻めすぎたのもあるけども
#5 動きキモス、「まぁ」何回言ってるの!?
#6 ペダル問題のわりに頑張った

Paging Navigation

Navigations, etc.

  1. 無料レンタル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。