Kinsei/Web-Log

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初箱ライブを終えてその4-鍵盤が欲しいけど・・・

本当にライブというのは自分を成長させるなと感じる今日このごろです
あれから考えたり感じたことがまだ吐き出せてないくらいだもの

さてまぁ鍵盤を買おうかと決心したわけですけども、
鍵盤楽器を選ぶとき、他のギターとかと異なる点は
性能面と重量のトレードオフの関係を、どこかで妥協しなければいけないことです。

僕はいわゆる小学生からピアノを習って~な人間なので、
一番弾きやすいピアノは自分の家の電子ピアノ、
生ピアノならYAMAHAのグランドです。(アップライトはそこまで好きではない)

とはいっても車を持っていない大学院生にしてみれば、自前の電子ピアノを持ち歩くのは不可能、
また、グランドピアノのあるスタジオやライブハウスもそこまで多くはないでしょう

そこで、いわゆるキーボードをチョイスするわけですが
まず鍵盤数についてもいろいろあって
・88鍵盤=長さが1.2m、重量15kgを超えてしまい持ち運びはほぼ不可能
・73鍵盤=自分的にはベストな鍵盤数だが、絶対的な製品数が少なすぎる!
・61鍵盤=沢山の製品があるものの、少しだけ鍵盤が足りない。大きさはこのくらいがいい
・49鍵盤=メインで使うには鍵盤が少なすぎる。
さらにキーボードの種類として
・電子ピアノ=88鍵盤であることが多い、大きく重い。音づくりが難しい。
・シンセサイザー=61鍵盤であることが多い、音づくりが容易。鍵盤の質に難があることが多い
・MIDIコントローラ=音源を別に調達しなければならない。鍵盤の質に難があることが多い

等等あり、結局自分としては以下のものを探すことにしました。
・鍵盤数は61以上
・MIDIコンorシンセサイザ
・机に置いてMacの画面を見ながらいろいろしたいので、奥行き30cm以下
・重さ7Kg以下(フル装備重量が12kg程度になると予想)
その上で鍵盤の質等が検討できればなと思っています

さらに続くかも
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ryo914.blog22.fc2.com/tb.php/270-957671cd

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

  1. 無料レンタル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。