Kinsei/Web-Log

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費電力ざっと調べたまとめ

今ざっとネットを探ってみました

調理器具類
電子レンジ 500~1500W
オーブントースター 1000W以上
ティファール電気ケトル 1000~1500W

掃除道具
電気アイロン 1000W以上
洗濯乾燥機 1500W程度
ドライヤー 1000W以上

暖房系
デロンギオイルヒーター 1000W程度
こたつ 5~600W程度

AV機器
プラズマ;200~500W
液晶;50~250W
ブラウン管;100~250W
iMac 241W(21.5インチ)
MacBook 85W
PS3 186W(初代)
Wii 20W程度
KORG PS60(シンセサイザ) 6W

本当にテキトーで、間違ってるところあるかもしれませぬご容赦ください。
リスト中1000W↑になりそうな機器は今日のピークタイムの使用は避けましょう儂もそうします

ギターのストローク打ち込み:Logicメモ

このページにLogicでギターストロークを表現する方法が書いてあったのでやってみる

Q-flamねなるほど

橋のGap

正月風邪をひきました

ウチの大学は1/4から始業というなかなか狂った感じの学校なのですが
はじめの一週間休んでしまいました。
妹の大学はまだ冬休みだというのに・・・・

なんだかんだで2011初登校です。バイクで笹目橋を走っていたら
橋の継ぎ目でなんかいつもよりガタガタしまくるわけですよ

そういえばアメダスは氷点下を指していたし・・・・・

橋全体が寒さのあまり縮んでいたというわけです
恐るべし、ってか寒かった

2010年振り返りその2

注、現在金星欝モードです)

4月
大学院に晴れて進学・・・が待っていたのは過酷な運命であった。
まぁ移った研究室がブラックだったというわけです。
あとで聞けば、年平均一人以上ドロップアウトしている恐怖の研究室ということだったので
まぁ逃げ出せて満足です。
どう考えても非効率だもんなぁあそこは

あとバイクの免許も取りました。
ついでにバンドも組みましたね。初心者バンドという建前だったのに
皆さんなぜかそれ相応に演れる方々ばかりで、初端からある程度曲になって
とても楽しかったです。
学校で欝&ブラックだったので、このバンドは精神的に大きな支えになりました。
感謝してます。

5月
研究室を移動すべく奔走してました。親身になって相談に応じてくれた
大学関係者の方々には感謝しっぱなしです。

6月
研究室移動決定。今いる研究室ですが、とても居心地が良いです。
建物はボロくなりましたが、人が笑っている光景が前研究室に比べ無限倍増えたので
人間として存在できている気がします。

あといよいよバイク購入です。はじめは本当に感動しましたが、
もう完全に自分の日常に入っているので、あまり感慨深いことはないなぁ

Rockapellaのライブに行く。GZ-5の裏にメンバーのサインをしてもらう!!
一生の宝物だ!でも最近剥げかかってきている!

7-8月
テストとかまじきつかった。ウチの研究科のM1前期の授業のキツさは異常。
あと研究室のクーラー壊れた。これもまじきつかった。
あと後輩バンドの音源録音とか全力でしました。俺いいように使われてるだけなんじゃ
ないかなと思ったりもしたけども、人間考えるのをやめるとバカになるけどラクなんだね
けいおん!!20話と自分の卒ライを重ねて涙

9月
24歳になる。欝
あとクーラーまだ治らなかった。まじきつかった

10月
4月に組んだバンドdbの、そして自分にとっても初の箱ライブ。
"ライブハウスでライブをやれる"ということに涙。
自分の集客力の無さにも涙(他イベントと重なった)
演奏DVDを見て脱力
鍵盤を買おうと決意

11月
金星企画でむつめ祭、まぁまぁ好評?しかし全盛期の勢いはもはや無いか。
来年どうしよう
シンセを買うべくバイトしまくる。
就活のプレッシャーで押しつぶされる。

12月
つじあやのライブに行く。
シンセを衝動買い
就活のプレッシャーで押しつぶされる。

後半明らかにめんどくさくなってるが気にしない!!!!

あけましておめでとうございます2011(and振り返り2010

ついに200X年も終わりを告げましたね、って書いてる途中に去年終わってるって気づいた。

旧年中は大変お世話になりました。今年も死なないことを第一目標に行きていく所存でございます。
なにかと皆様にご迷惑をかける可能性99.9%ではございますが、なにぞとよろしくお願いします。

年賀状&メールも微量沢山頂いてますが、自分まだ年賀状作ってないので儂からのはもうちょっとお待ちを!
去年までは320*240のケータイサイズで作ってたんだけど、スマホ増えてるから今年はどうしようかな


去年は完全に音楽やった年でしたね。自分から行動すれば、ある程度できなくはないということを
実感した年でした。

1月
卒論テーマ決定!!遅っ! 本当に忙しかったです。実質1月に実験まとめた論文でした。
同期の中で一番論文クズだった自信あります。
あとブルーレイレコーダー買いました。よりアニメが見やすい環境に・・・・・・

2月
アカペラ合宿で僕をフィーチャーするのはそろそろやめてほしかったのだが
なんだかんだではっちゃけてしまいました。
卒論発表+卒業ライブパンフ作り+卒業ライブ練習で死にそうだった記憶があります。

3月
卒業ライブ!! 金星企画の後にNEXT(僕がリーダーのバンド)だったのだけども
金星企画終了後放心状態だった僕を見てバンドメンバーのN氏がかなり心配してくれてました。
パフォーマンスはまぁまぁ。Kz君に「あと一年あれば」とか言われてしまったのが若干アレでしたが
自分のバンド終わった後は一時間くらい泣いてたらしいです。復活したのは最後の全体曲直前でした。
追いコンとかもやってくれて、卒業アルバムのメッセージは今でも泣きそうになってしまうので
直視できません。

あと、音楽面で自分で動き出したのもこの時期ですね。某アニソン系アカペラバンドがBassを募集してたので
渋谷までホイホイ出て行きました。落とされました。
まぁ[自主規制]だったのでなんとも言えないのですが(自主規制の中身が知りたい方はDMとかメールとか現実で聴いて下さい)

そして何よりバイクの免許を取りに行ってたのがこの頃です。忙しい研究室に入るということがわかっていたので
少しでも通学時間を節約したかったんだなー
ついでに卒業もしました。自分は全く実感無かったのですが、同期のみんなとは
離ればなれになってしまったのだなぁということを4月に入ってからひしひしと感じました


続きそう

鍵盤購入計画その1

半分自分用メモですが

前回のライブを経て、本番と違う鍵盤で練習するのはイクナイと思い立ち
鍵盤を購入しようと決意したわけですが・・・・


なんだかんだで以下の二種類に絞りました!
1.KORG X50-61フルサイズ鍵盤シンセサイザ
975*257*80,4.3kg
利点;安い(4万以下)、鍵盤がフルサイズ、ペダル端子がたくさんある
欠点;鍵盤タッチがいまいち、でかくて重い、入手が困難

2.KORG micro station-61ミニ鍵盤ワークステーション
778*210*82,2.6kg
利点;鍵盤タッチがかなりいい、小さくて軽い(机にも置きやすい)、入手容易
欠点;ミニ鍵盤である、高い(6万以下)、余分な機能がついてくる

自分は音作りはMacのMainstageというソフトでするのでシンセ音はあまり重要でないのですが
2万以下のMIDIコン(音源ナシキーボード)はタッチがnoGoodで、いいのは4-6万するために
そんだったらシンセ付きのやつを買ったほうがいいんじゃね?と思い選択しました。
KORGはローランドに比べ、パソコンとの親和性が良さそうなのでKORGにしました。

二つとも該当機種でないけども、同一鍵盤を採用したやつを触って来たのですが
新しいミニ鍵はかなり良かったです。Xシリーズの鍵盤は、クズなMIDIコンよりはマシでしたが
長時間弾いていると疲れそうです。
もちろんフルサイズ鍵盤のほうが、余計なクセがつかなくて良いだろうけども
ライブや練習にあたって+MacBookも持ち歩かなてはいけない自分にとっては小ささ軽さはとても大事
音色切替のためにペダルが沢山あったほうがいいけど別にmicrokontrolでもできなかないし・・・・

PS60はけっこうデカいので除外、高いし

問題は、いつ買えるかだ・・・・・・

初箱ライブを終えてその5-映像を見て

実はウチのバンドでは先週末ライブの打ち上げ飲みを行いまして、
ライブ映像ダビングDVDが配布、今見たわけですが・・・・・


自分ウザス!
演奏はペダルが逆だった割には上出来だったと思う。実力の72%は出せてる。
が、動きがキモイですね。
アカペラやってたときはたいていベースで端っこだったのでそうでもなかったけど
中心付近だと目立つ目立つ

あれだな、明らかに軸がぶれているな
生き方とかもそうですな
次曲はオーケンなフラグが立ちそうですが

歌唱力はまだまだですな。標準A(440Hz)以上の音域を
アカペラ時代にほとんど使ってないのが敗因ですなこれは
修行せねば

というわけでけっこう反省しているKinseiでした。

-----自分的評価な俺評価------
#1 けっこう弾けてる
#2 合格点、歌良くない
#3 ペダル問題のわりに頑張った、下見過ぎ
#4 ダメ、譜面で攻めすぎたのもあるけども
#5 動きキモス、「まぁ」何回言ってるの!?
#6 ペダル問題のわりに頑張った

初箱ライブを終えてその4-鍵盤が欲しいけど・・・

本当にライブというのは自分を成長させるなと感じる今日このごろです
あれから考えたり感じたことがまだ吐き出せてないくらいだもの

さてまぁ鍵盤を買おうかと決心したわけですけども、
鍵盤楽器を選ぶとき、他のギターとかと異なる点は
性能面と重量のトレードオフの関係を、どこかで妥協しなければいけないことです。

僕はいわゆる小学生からピアノを習って~な人間なので、
一番弾きやすいピアノは自分の家の電子ピアノ、
生ピアノならYAMAHAのグランドです。(アップライトはそこまで好きではない)

とはいっても車を持っていない大学院生にしてみれば、自前の電子ピアノを持ち歩くのは不可能、
また、グランドピアノのあるスタジオやライブハウスもそこまで多くはないでしょう

そこで、いわゆるキーボードをチョイスするわけですが
まず鍵盤数についてもいろいろあって
・88鍵盤=長さが1.2m、重量15kgを超えてしまい持ち運びはほぼ不可能
・73鍵盤=自分的にはベストな鍵盤数だが、絶対的な製品数が少なすぎる!
・61鍵盤=沢山の製品があるものの、少しだけ鍵盤が足りない。大きさはこのくらいがいい
・49鍵盤=メインで使うには鍵盤が少なすぎる。
さらにキーボードの種類として
・電子ピアノ=88鍵盤であることが多い、大きく重い。音づくりが難しい。
・シンセサイザー=61鍵盤であることが多い、音づくりが容易。鍵盤の質に難があることが多い
・MIDIコントローラ=音源を別に調達しなければならない。鍵盤の質に難があることが多い

等等あり、結局自分としては以下のものを探すことにしました。
・鍵盤数は61以上
・MIDIコンorシンセサイザ
・机に置いてMacの画面を見ながらいろいろしたいので、奥行き30cm以下
・重さ7Kg以下(フル装備重量が12kg程度になると予想)
その上で鍵盤の質等が検討できればなと思っています

さらに続くかも

初箱ライブを終えてその3-とりあえずシンセが欲しい

まだまだ語るよー

今回自分にとって何より驚きだったのが緊張ほぼゼロだったこと
前日とか当日午前中はややテンション上がりましたが、
リハ後はもう全く平常心でした。
サークルライブオーディションのほうが一億倍くらい緊張したかな
一応金とってるライブなのに。多少は良くないとは思いますが
ステージ上を我が家と思えるのがプロへの第一歩だとBabyBooの人も言ってたし
自分プロ志向ではないけども、この点は成長したかなぁと思いました。


さてライブでひとつだけ心残りだったのが楽器本体です。
実は今までのスタジオ練習等では、鍵盤はすべてスタジオのものをレンタルってやってました。
音源はMacのMainStageというソフトで作ってレンタル鍵盤からMIDI信号を吐いてMacにinput、
MainStageからオーディオI/FにoutputしてPAに接続していました。
この方法の利点としては
・鍵盤を持ち運ばなくていい(MacBook+オーディオI/Fだけでおk)
難点は
・鍵盤が毎回違うので弾き味が異なる
・MIDI送信以外の一部の仕様が異なることがある

自分の家ではPanasonic製のふっるい電ピとYAMAHAの49鍵MIDIコントローラを使っているのですが
これらと今回ライブ会場で借りたカシオの電ピではペダルの信号が逆だったのDeath!
つまり音を切りたいときは踏んで、延ばしたいときは離すという非常に脳みそがこんがらがる動作を
しなければならなくなり、ペダルを多用する曲は今回ヘボヘボヘボでした。
さらにカシオの電ピは自前の2つのキーボードに比べ圧倒的に鍵盤が重く、
早いフレーズはほとんど弾けてませんでした。

これは今後ライブ活動をやっていくうえで、かなり危険だと判断しました。

というわけでライブ、スタジオ持ち込み用の鍵盤が欲しい、と思うようになったのですが
またまた難しいんだうん・・・・・・・(つづく

初箱ライブを終えてその2+サークルの新人ライブ

自分の箱ライブの前日はサークルの新人ライブでした。
見に行ったわけですが・・・・もう2-3人しか顔と名前が一致しなかった、悲しい
しかしあまりサークルに顔出すのもウザイ先輩化するしなー(もうしてるって!?

なんていうか、新人ライブは非常に良いですね
というのは、もちろん実力的にはまだまだなバンドが多いのだけども
どのバンドも全力なのね。やりきるorやりきろうとする気概がビンビンに見えるのです。
そーゆーのは、見てるこっちも元気が出てきます。
アカペラの、特に上位のバンドは「どうだ俺ら上手いだろうヘヘン」という内心が
見え隠れするところが非常に多い。あーゆーのはちょっとなぁ
特に某サークル

1stのトリの怖いTシャツのバンド、春に比べ信じられないくらい上達してて
とってもとっても良かったです。ステージパフォもgoodでした。

最大の難点はメンバー紹介がテンプレ化しすぎてることかなぁ
あれを全バンドやられると非常にダルい(工夫してるところももちろんあったけど


一方ワシのライブの話。
外ライブということで、内輪のライブとの最大の違いは、
外の人が見てくれるということですね(何あたりまえのことを
つまり、僕に対する先入観が全く無い、そんな新鮮な状態のお客さんの脳みそに
何かのインパクトを与えることができたときの快感はもう最高でした。
某アニメの某兄者のセリフにこれは麻薬みたいなものだとか出てきましたが
まさにその通りだと思います。

そして見ず知らずの人に話しかけられてマイミクしてくれ言われたり、
知らん人のmixi日記に"良かった"みたく書かれていたり
出演者の方々と仲良くなってみたり

ここまでライブの後で"世界"が広がるとは思ってませんでした。
感無量です。


アカペラでは自分では成功したとは言えない経歴で、正直いろいろ不本意なものもありました。
しかし今回の自分の箱ライブの成功に関して言えば
・サークル現役時代の経験(歌、コーラス編曲、ステージング、MC)
・自分がリーダーだったNEXTの運営
・少しだけ出さして頂いた営業(特にスーパーアリーナのアレ
・適当に通っていたピアノ教室(先生・・・ゴメンナサイ
・新人ライブ後少しだけ出たサークルライブ(O君ありがとう!
・何より2006年新人ライブの大失敗の後のどん底からそこそこのところまで這い上がったこと
これら全てが集約されて完結したものでした。
今思うとムダではなかったことがしみじみと、ほろ苦い思い出と共に理解されるのであります。

というわけでmixi日記を戻しました。せっかく広がった"世界"を少しでも維持したいのが理由です。
本ブログのうちのコピペですがね・・・・・・・・・・

僕と一緒に音楽をしてくれたすべての人に感謝します。
本当にありがとうございました。




さぁ次の一手はどうしようかな!!!?
むつめ祭・・・・・?

Paging Navigation

Navigations, etc.

  1. 無料レンタル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。